「関」と刃物

    
「関と刃物」へ
「カミソリ刃とは」へ
ISO認証取得バナーISO認証取得バナー
刃物あれこれ
関と刃物

 今から約780年前の鎌倉時代に、九州の刀匠元重が関へ移り住み、日本刀を作ったのが、関の刃物の始まりといわれています。 関は日本のほぼ中心に位置していることから、原料の入手が便利であったため、刀剣の生産が盛んになりました。 また、関の刃物は芸術性も高く、「折れず、曲がらず、よく切れる」といった優れた実用性を誇る名刀として、多くの武士に愛されたそうです。 室町時代には明国との交易が盛んになり、日本から20数万本の刀剣が輸出されていたという史実がありますが、これらの刀剣の大半は、関で作られたものでした。
 しかし、江戸時代に入ると刀剣の需要が少なくなり、多くの刀匠が、包丁や小刀など家庭で使われる刃物を作るようになっていったのです。 欧米から紹介されたポケットナイフも、この頃から作られるようになりました。 明治27年に朝鮮へ打刃物類が輸出され、明治30年にはカナダへポケットナイフが出荷。大正8年にはスプーン、フォーク、ナイフが出荷されるようになりました。 その後、昭和7年にかみそりの生産が始まりました。
 今でも関では、11月8日を刃物の日と定め、刃物供養祭を行なったり、毎年10月には関の刃物産業の発展と、市民の楽しいレクリエーションの場として、刃物まつりを行なっています。

 
  Copyright(c) 2013 NIKKEN CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED. サイトマップはこちらから